たくさん歩いて疲れた足に|歩くのが辛くなってくる外反母趾の症状|早期治療で症状緩和

歩くのが辛くなってくる外反母趾の症状|早期治療で症状緩和

たくさん歩いて疲れた足に

足

足裏はツボがいっぱい

足、疲れていませんか。たくさん歩く人でしたら、一日の終わりにはもうだるくてむくんで大変ですよね。靴下の跡が痛々しいです。明日も元気に歩くために、足は是非毎日ねぎらってあげたいところです。ストレッチやマッサージ、足湯など足をねぎらうにはい色々な方法がありますが、新しい習慣として「足裏シート」はいかがでしょうか。足裏シートとはちょうど湿布のような形で、お風呂上りやおやすみ前に足の裏に貼るものです。翌朝はがしてみると、シートはドロドロの茶色になっていることがあります。これはシートに木酢液や竹酢などの樹液成分が含まれているからなのです。この成分が足裏から汗や老廃物を排出するのを助け、この老廃物と反応して茶色くなる、という仕組みです。翌朝にはふくらはぎから先がすっきりして軽く、毒素が抜けきった感じがする、という人が続出、一躍ブームとなりました。

一日コップ一杯の汗をかく

女性の方でしたら足のむくみはとっても気になりますよね。足裏には汗腺が集中しており、一日にかく汗の量は足裏だけでコップ一杯分といわれています。この汗を、足裏シートを使って上手に逃がしてあげて、ふくらはぎから先のむくみを解消していきましょう。また、足裏シートは大変リーズナブルですので、毎日の習慣に取り入れやすいといえます。毎朝シートをはがしたときに「おお〜、こんなに取れた」というのは快感です。すっきりとした朝を迎えて、気分的にもいい状態で新たな一日をはじめたいものです。一点だけ、足裏からの毒素の排出を期待して足裏シートを使用する方もいらっしゃいますが、足のリンパにたまる「ゴリゴリ」とした老廃物、あれの排出は足裏とは別系統ですので、解消は見込めません。ただ足裏から排出される汗はかなり成分が濃く、どろっとしており、足裏シートは疲れやむくみ解消には確実に効果があるものでしょう。