効果的な入浴方法とは|歩くのが辛くなってくる外反母趾の症状|早期治療で症状緩和

歩くのが辛くなってくる外反母趾の症状|早期治療で症状緩和

効果的な入浴方法とは

肩を押さえる女性

血行促進を意識する

肩こり解消には色んな方法がありますが、一日の疲れをゆっくりと湯船につかって取るというのが一番おすすめです。ですが、単に長風呂に浸かれば良い訳でもありません。肩こり解消を意識するのであればきちんと血行促進を促してあげる必要があります。入浴自体、全身を指圧してくれるような効果を得られますので、確かに血行促進には欠かせないのですが、より効果を上げるのであれば、一度に何十分も浸かるのではなく、こまめに出たり入ったりしましょう。水圧の圧迫と解放を何度も繰り返すことで、筋肉も効果的にほぐれてくれますので、肩こり解消には欠かせません。また、お風呂に浸かる前に身体を洗っておけば、毛穴の汚れも汗と一緒に流れてくれますので、しっかりと汚れを取り除く事もお出来るでしょう。

湯冷めしないように

折角肩こり解消のために入浴をしても、湯冷めをしてしまっては意味がありません。特に冬場は、お風呂の中の温度と脱衣所の温度に差がありますと、せっかく温まった身体もすぐに湯冷めしてしまいます。小さな暖房器具などを用意して、脱衣所を事前に温めておくか、お風呂のドアを開けておいて、温度を均一にさせておきましょう。そうすれば、温度差も無くなって、お風呂から出た後も湯冷めをしないで済みますよ。また、肩こり解消のために、お風呂に入っている時は、意識をして手足の先を揉み解してあげましょう。肩関節も意識してグルグルと回したりして、軽いストレッチを取り入れる事で、より肩こり解消に効果を実感する事が出来るでしょう。お風呂は気軽に肩こり解消する事が出来ます。是非、取り入れてみて下さいね。